ARTISTS

  • BOSS
  • AKIRA YOKOTA
  • 国内において、本物のディスコDJとして活動を続けるDJ。これまでにMAHARAJAやvelfarreでチーフDJを務め、現在はMAHARAJA六本木のサウンドプロデューサーとして、また都内主要地区の各店舗でDJとして活躍中。最新CLUBミュージックから70’s、80’sサウンドまで、全てのジャンルに精通しており、その経験と実績に裏打ちされた選曲・MC・スタイルは唯一無二のものである。またクリエイターとしても20年に及ぶ活動実績があり、数多くのダンスコンピレーションシリーズやリミックスワークも手掛け、これまでに300作品以上累計セールスは2000万枚に及ぶ。現在の主流である映像を取り入れたVDJスタイルを2005年より導入した先駆者であり、常に新しいものを追求するそのスタイルはディスコの歴史を未来に繋ぐ重要な役割を担う業界のTOP DJ。
  • REMO-CON
  • TETSUYA TAMURA
  • アーティスト活動12年目を迎え、自身のレーベル「rtrax」を昨年立ち上げたREMO-CONの歴史は、05年のシングル“G-Sigh”から始まる。その後“Cold Front”(Anjunabeats/UK) “Atavism”(DJ MAG Review ☆9)といったキラートラックスを次々に発表。 09年には、第一期の集大成とも言える1stアルバム 『a life with remote controllers 』 を、11年にはソロ名義では初となるDJミックスCD 『VIBLE 02 mixed by REMO-CON』 をリリース。続く2ndアルバム『rhetoric』はオリコン初登場13位を獲得し、活動10周年にはその記念碑的な作品『DECADE 05-15』を発表。そして先述の「rtrax」よりリリースされた“Fowered EP”、世界最大のダンスミュージック配信サイトであるBeatportの総合リリースチャートにて2位にランクインという大躍進を遂げた。さらにクリエイターとしてもSINDEN、System Fなどの海外勢から浜崎あゆみ、AAAなど国内勢まで多くのアーティストの楽曲アレンジやリミックスを担当している。 また、DJとしては1993年より活動し、2001年にはvelfarre「Cyber TRANCE」にレギュラーとして参加。その知名度を確立する。その後も日本各地は勿論、イギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国にてプレイ。さらに09年にはオランダの大型フェス“Dance Valley”に、12年には“SUMMER SONIC”に出演。そのソリッドながらバラエティに富んだプレイスタイルは高く評価され、自身がホストを務めるラジオDJライブ『Remote Control』(block FM)や『Friday Night Hot Mix』(FMヨコハマ)も好評を博し、いまや国内のみならず海外にもその名を馳せるマスターピースの活動は、ダンスシーンの明日をも担っているといえるだろう。